お役立ち情報

  • その他

焼香の意味

お焼香は故人のために行うものとして捉えられがちですが、まずはお焼香をする人自身の心身の穢れを落とすために行います。心身が清浄な状態になってから仏や故人に向き合うという意味が込められています。心身の穢れを落としたところで、今度は仏と故人に抹香の香りをささげ仏の教えを広める意味があるそうです。